【突然電気がつかない原因て何!?】停電・電球の取り付け・ソケットの故障!?

突然電気がつかなくなり困っている人も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、その電気が付かない原因について解説させていただきます。電気がつかない原因には、電気自体が供給されていない場合、取り付けている電球等の問題等、様々な原因が考えられます。正しく原因の把握を行い、対処するようにしましょう。

電気がつかないのはなぜ?

生活をしていると蛍光灯が切れて交換をしなければいけません。蛍光灯を買ってから新品に交換したけど電気がつかないということは経験したことはありませんか。では、蛍光灯の電球が切れている以外でどんな原因が考えられるのでしょうか。電気がつかない状況をしっかりと把握してから、原因を見つけるとその対処法がわかります。

電気がつかないときの現象はどういう状況なのかしっかりと把握する

  • 家の中の一部がつかない

  • 家中の電気が全部つかない

  • 周りの家全体が真っ暗


家の中の一部がつかない

家の中の一部がつかない場合は、ブレーカーが落ちている可能性があります。アンペアブレーカーは、メインブレーカーとは別に個別のブレーカースイッチに分かれています。その分かれているブレーカースイッチがオフになっている可能性があります。まずはブレーカーを全てチェックしましょう。ブレーカーが全てオンになっている場合は、使用している蛍光灯の故障やコードが痛んでいることでショートしまった可能性があります。
対処法
ブレーカーのある場所に行ってからフタがついている場合はフタを開けます。開けた中にはスイッチが複数ついているので、そのスイッチのどれかがオフになっていないか確認します。オフになっていればスイッチをオンにしてから、もう一度蛍光灯をつけてみます。蛍光灯の故障やヒューズの痛みが原因の場合は、一旦蛍光灯をコンセントからはずして、ヒューズの交換や配線用遮断機のスイッチをいれます。

家中の電気が全部つかない

蛍光灯を換えてから電気をつけてもつかないとき、他の部屋の電気もつけて見ましょう。そのときに他の部屋の電灯もつかない場合は、家全体が停電になっている可能性が高くなります。
対処法
家中の電気がつかない場合は、メインブレーカーがオフになっている可能性が高くなります。この場合、ブレーカーのある場所(脱衣所やキッチン)に行ってからメインブレーカーがオフになっていないか確認して、オンにすれば解消されます。

周りの家全体が真っ暗

家の電気が全くつかない場合、周りの家や交差点の電気がついていない場合もあります。この場合は、家だけの問題ではなく付近一帯の停電が考えられます。事前に工事による停電の回覧などが回ってきていて、停電をしている可能性もあります。
対処法
周りの家全体が停電になっている場合は、故事による停電の場合もあるので、まずは工事停電などのお知らせが来ていなかったか確認します。来ていない場合は、純粋に停電であることが考えられます。この場合は、契約している電力会社に電話してから事故停電なのか工事停電なのかを確認しましょう。どちらにしても復旧後には、家電製品の時間がずれているので調節をします。

変えた電灯だけがつかない場合はこれをチェック!

  • 電灯取り付けが悪い

  • 元のソケットの接触が悪くなっている


電灯取り付けが悪い
電灯が使いない原因として、電灯の取り付けが悪く緩んでいる場合があります。取り付けるときにしっかりとはめ込んでいないときにつかないケースがあります。
元のソケットの接触が悪くなっている
電球ではなく電灯を天井に取り付けるときに、ソケットが浮いた状態でうまくはめ込みが出来ていない場合が考えられます。
対処法
電球がうまく入っていない場合は、一度取り外してからつけ直してみるとつく可能性が高くなります。電灯自体の取り付けがうまく出来ていない場合は、一度はずしてからつけ直します。つけるときに「カチッ」という音がするので、その音で取り付けが正常に出来ているかを確認します。

元のソケットの接触が悪くなっている

電灯を交換しても全くつかない場合、天井のソケットにしっかりと取り付けが出来ているかどうかを確認します。確認してから「カチッ」と差し込めれば、ソケットのほうに何か異常があることが考えられます。ソケットの接触が悪い場合やソケット自体にうまく通電されていない場合が考えられます。
対処法
元のソケットに異常があるかどうかを確認する必要があります。確認方法は簡単です。別の部屋についている電灯をもってきて、取り付けてみます。取り付け後にうまく点灯しない場合は、ソケットに異常がある可能性が高くなります。この場合は、電気工事会社や電気店に電話してみてもらう必要があります。 単純に電気がつかないといっても、原因はいくつか考えられます。まずは、電気がつかないときに冷静になって、原因が何なのかをしっかりと把握することが大切です。原因がわかれば、自分で出来るものなのか電力会社に確認をするべきなのか、電気工事会社などに依頼して見てもらうべきかがわかります。