【エアコンの電源電圧は100V、200Vどっちがお得!?電気代は同じ!?】メリット・デメリット

エアコンでを購入しようと考えている人の中で、100Vと200Vのエアコンは何が違うのか分からないと言う人もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、そのエアコンの電源電圧100Vと200Vの商品の違いについてそのメリット・デメリット、電気代等について解説させていただきます。

電源電圧とは!?

電源電圧は、電気機器に供給される電源の電圧を示します。これは、電圧の高低差を示しています。高低差が大きいほど電気が流れやすくなります。100Vに対して200Vは、電気が流れやすくなるわけです。

エアコンはなぜ100V・200V仕様があるの!?

エアコンには、電源電圧の仕様が100Vと200Vの商品(製品)があります。6畳や8畳用は100V、16畳以上の大きいものは200Vのエアコンしかありません。それ以外のサイズには両方存在します。

電気代は変わらないの!?

電気代の計算方法は以下の式で計算することが可能です。 電気代=家電の消費電力(W)×家電の使用時間(h)×電気料金(円/kWh) また、消費電力は、以下の式で計算することが可能です。 消費電力(W)=電源電圧(V)×電流値(A) 電気代は消費電力で決まります。エアコンの能力は消費電力でその冷房・暖房の能力が決まります。

100Vと200Vのエアコンは消費電力は同じ

消費電力が同じ(能力が同じ)エアコンの電圧毎の違いを計算します。 例えば、消費電力が1000Wのエアコンの電圧が100Vと200V時の電流値を計算します。 電源電圧200Vの場合 1000W(消費電力)=200V(電源電圧)×5(A) 電源電圧100Vの場合 1000W(消費電力)=100V(電源電圧)×10(A) 電流値は、上記で計算した200Vの時に5(A)、100Vの時に10(A)となります。 つまり、電源電圧が200Vの時と100Vの時では電流値が異なるだけです。 電気代は、消費電力で決まるため、同じ消費電力のエアコンでは100V、200V共に同じになります。 ・エアコンの電気代の計算

200Vのエアコンのメリットは何!?

例えば、20Aまで流す事ができるブレーカーがあったとします。この場合のエアコンの能力を100Vと200Vで計算します。 100V:100V×20A=2kVA 200V:200V×20A=4kVA となります。同一の電流値であれば、100Vのエアコンに対し、200Vのエアコンは2倍の能力を発揮することができます。つまり、200Vのエアコンはその能力を生かして、100Vのエアコンより早く、設定した温度にできるため、その分、電気代を抑えることが可能になります。エアコンで100Vタイプと200Vタイプでは200Vタイプの価格設定がやや高めになっていますが、広い部屋では200Vタイプがおすすめです。

電源工事は必要!?

最近の一般家庭では、通常単層3線式200Vが配線されてるので、200V用のコンセントでIL型プラグに配線するだけだです。もし単層3線式200Vが供給されていなければ、配線工事をやり返る必要がありますが、契約電流が40A以上であれば、単層3線式200Vが最初から供給されてるので、電気工事費はそれほど差は生じません。

メリット・デメリット【まとめ】

長期的な電気代を考えた場合、200Vのエアコンはメリットがあります。初期的にエアコン購入時の投資額が高くなりますが、広い部屋等は特に200Vのエアコンがおすすめです。
電源電圧(V)メリットデメリット
100
安い
能力が低い
200
能力が高い
高い

最近はエアコン以外の電気製品も200Vが増えてきた

代表的なアイテムとしてはエアコンやレンジ、床暖房など、電力を多く消費する機器に200Vのものが登場しています。これは先程、ご説明したとおり、200Vの電気製品は、100Vの電気製品に比べ、その能力が、最大で2倍の仕様とすることが可能になります。従って、その能力を生かし、短い時間で目的の能力を発揮できるため、負荷の大きい電気製品に適用されています。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は、エアコンの100Vと200Vの商品の違いとそのメリット・デメリット、電気代等のお話を刺せていただきました。200Vの電気製品は、100Vの電気製品に比べ、その能力が高い分、商品の価格が高めに設定されている場合がほとんどです。しかしながら、長期的な電気代の節約にもつながるため、長い目で見た場合に節約したいと考えている方にはおすすめの商品です。 200Vの電気製品を使用する場合には、電気工事を行い、コンセント等の変更が必要になります。近くの電気屋さんや、専門業者に依頼するのがおすすめです。